AGA治療は遺伝的要素へとアプローチしてAGAを改善する

遺伝子情報と向き合う
このエントリーをはてなブックマークに追加

Pick Up

その他の脱毛症

考える男性

AGA治療によってAGAは十分に治療可能ですが、AGAではないその他の脱毛症である可能性があります。円形脱毛症など、他の脱毛症だと治療のアプローチも変わるので、医師に判断してもらうことが大切です。

More...

遺伝的要素

微笑ましい3世代

脱毛症が遺伝するというのは、AGAの場合における話です。AGAの遺伝には5αリダクターゼという酵素が深く関わっており、AGA治療の際も、この5αリダクターゼを抑制することが大切になります。

More...

遺伝を調べる

虫眼鏡

AGAは遺伝的要素の強い脱毛症ですが、遺伝的要素があるからこそ、発症前にAGAになりやすいかどうかをチェックすることができます。チェックすることで、治療を計画的に進めることができます。

More...

まずは受診すること

カウンセリング風景

もしかしたら、AGA(男性型脱毛症)かもしれない。と思ったら、まずは病院へ受診するべきだといえます。
というのも、脱毛症だというのは確定だとしても、脱毛症のなかにもさまざまな種類があり、必ずしもAGAだとは限りません。もしAGAではなかった場合、AGA治療はもちろんあまり効果を為しません。そのため、脱毛症になってしまったと感じたら、AGAかどうか、ほかの脱毛症かどうかを自分では判断せず、病院を受診することが大切だといえます。

とはいっても、何も判断基準がないのでは不安に思う可能性もありますので、ここで簡単にAGAの特徴を紹介しておきます。
頭皮の状況から、どの脱毛症なのかを判断することができます。
基本的にAGAは、脱毛症のなかでも抜け方が決まっています。AGAの抜け方には、主に3パターンあります。ひとつは、こめかみ付近の生え際から進行していくパターンで、生え際がM字の形になってしまうことが特徴です。ひとつは、生え際の真ん中のほうから進行していくパターンで、おでこが一気に広くなってしまうといえます。最後のひとつは、頭頂部から進行していくパターンで、進行がまだ浅い時期は正面からは脱毛症だと分かりにくいという特徴があります。さらにまとめるなら「生え際から進行」のパターン」と「頭頂部から進行」のパターンに分けることができますが、生え際と頭頂部、両方から進行していくパターンもあります。
以上のパターンに該当するようであれば、AGAを発症している可能性が高いといえます。もちろん、実際のAGA治療に入る際にはきちんと症状や原因を特定する必要がありますので、自分の判断だけで育毛剤を購入するなどはリスクが伴います。

Contents

選択肢ふたつ

検査

5αリダクターゼという酵素がAGAの遺伝的要因。この5αリダクターゼの働きが遺伝しているかどうかは、病院へ行くか、検査キットを使用するかのどちらかの方法で調べることができます。

More...

ホルモンの作用

男性

AGAにはいくつかの原因がありますが、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変わってしまうことは確定的な原因です。そのため、AGA治療ではこの変化が起こらないようにします。

More...

酵素の働きを妨害

頭

AGAの症状を抑えるには、ジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼを抑えることが大切。その効果を持つフィナステリドが、AGA治療薬には使われています。ほかにも、治療に有効な成分は多くあります。

More...

ライフスタイル改善

バランスのよい食事

AGA治療をしっかり行っていたとしても、なかなか改善しないケースがあります。その場合は、生活習慣に問題がある可能性があるので、食生活を見なおしたり、禁煙をしたりしましょう。

More...

オススメリンク